Hadoopによるビッグデータの活用

『ビッグデータ』をビジネスに活かしませんか?

WebサイトやSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス) 、各種機器に搭載されたセンサーなどから、日々膨大なデータが生成されています。「ビッグデータ」と呼ばれるこうしたペタバイト級のデータをいかにビジネスに活かすかという動きが活発になってきています。
これまで費用や時間的な制約から扱うのが困難とされてきたビッグデータを、容易に集計・分析できる技術として分散データ処理基盤「Hadoop」が注目されています。
当社では、ビッグデータの集計・分析にHadoopの利用をご提案しています。

分散データ処理基盤 『Hadoop』

Hadoopとは、大規模データを分散して処理するオープンソースのプラットフォームです。複数のサーバで分散処理を行うことにより、大量データを高速に扱うことができます。

高速なデータ処理

大量データを扱うバッチの処理時間を大幅に短縮することができます。
当社の実験では、ログ集計の処理時間が1時間から1分に短縮されました。

高いコストパフォーマンス

低価格帯のサーバを複数(最低4台から)束ねて、高速処理を実現します。
安価なサーバ群で高性能なサーバと同等以上の結果が得られます。

高い拡張性

サーバの台数を増やすことでシステムの処理能力を柔軟に拡張できます。
最初は実験的に小規模で始めて、後から拡張していくということが可能です。

高い耐障害性

一部のサーバが故障してもシステム全体として問題なく動作します。

Hadoopの利用例

「WEBサイトのアクセスログを集計する」

顧客の行動パターンを見出し、WEBサイトの改善やレコメンドに役立てる。

「SNSでの自社製品の口コミを集計する」

集計結果を分析し、製品開発や接客方法に反映する。

「製造機器のセンサーから収集されるデータを集計する」

傾向を分析し、不良品を減らしたり、機械の故障を予測する。

「既存のバッチ処理をHadoopで作り直して処理時間を短縮する」

決算を早期化する。

Copyright(c) 2014 CarrotSoftware.co.ltd All Rights Reserved.