求める人材像

「プログラムを楽しめる人」を求めています

私達は「エンジニア全員がプログラマーとして一人前であること」を重視しています。プログラムを使いこなせる人材を育成することが、お客様に満足いただけるソフトウェアを提供することに繋がると考えています。マネージメントを担当するようになっても、プログラムに触れていたいという先輩達の声も聞きますし、プログラマーとしての知見や経験は、システムアーキテクト、プロジェクトマネージャになったときに役に立つと考えています。

プログラムで何かを表現したい、自分の力で形にしたい人に来てほしい

プログラマーとして仕事をはじめた頃、相手が困っていることを解決する方法を考え、プログラムを創った結果として喜んでいただけることが何よりも嬉しいことでした。同時に、うまくいかない時にどうすればいいのか調べたりするのも楽しんでいました。ものづくりの裏側に触れることができ、世の中にこうして「モノ」が出ていくんだ!と実感できることも魅力でした。
大手の企業に就職すると自分を「歯車」のように感じてしまう人もいるようですが、当社では特定の言語やクライアントに縛られず、様々なジャンルの多様な仕事に触れることができるため、「こんなことができるようになった!」と自分の成長が実感でき、自分の存在価値も味わいやすいと思います。
将来的にはプログラムだけでなく、仕事の全体像が描けるようなオールマイティな能力が求められますが、新しいことにチャレンジし続けることが好きな人にとっては充実感の得られる職場だと思います。共通の趣味を持った人と接すると、年齢や経験など関係なくすぐに話が通じますよね。それと同じように、プログラムが好きで追いかけ続けている人なら新人でも仕事がしやすいですね。かまえて「勉強」するというより、好きだからアンテナが立つし情報をキャッチできるのだと思います。そんな人に来てもらえたら嬉しいですね。

manager
取締役 オープンシステムグループ部長
吉田 靖彦