ものづくりの全工程に関われることが魅力

stuff2

キャロットソフトウェアのいいところは、いろんな言語に携われることと、上流だけ、下流だけではなく、ものづくりの全工程に関われることです。上流から下流まですべてを経験できる会社は珍しいようですが、全体がわかると目の前のことをなぜやるのかが理解でき、仕事の醍醐味を早く味わうことができると思います。
私は2年目で先輩の仕事を引き継ぎ、お客様とのやり取りを含めてすべてを1人で担当することを経験しました。社外に出てお客様と接することで、視点がひとつ高くなり、仕事の背景も理解できるようになりました。現在は大きな規模の仕事が増えて、チームメンバーで作業を分担することが多いですが、1人で上流から下流まで広く担当すると、短期間で多くの力が身に付くと思います。機会があれば積極的に取り組んで欲しいです。
当社のもうひとつのいいところは、社員が仕事のプロ同士として、上下関係なく関われるところです。年功序列もなく、思い切り実力を発揮できます。お互いに助け合う風土のある会社ですが、自分からヘルプを求めることが大切です。自分で抱え込んでしまうと先輩も助けることができないので、自ら積極的に関われる人になって欲しいですね。

オープンシステムグループ T・M(2004年入社)

← 自分を高め成長させていける仕事 『ずっとプログラムに触れていたい』が叶う職場 →